トピックス TOPICS

2022.07.20

コラム

産業廃棄物収集運搬車両(トラック)の種類

産業廃棄物の処理には、廃棄物処理法によってさまざまな規定があります。また、収集運搬に関しては、運搬方法から容器まで廃棄物の種類によりさまざまです。産業廃棄物の運搬方法の中でも一般的なのが「車両」で、代表的なものはダンプ車ですが、それ以外にクレーン車やコンテナ車などさまざまな車両があります。その車両に積み込む容器もドラム缶や石油缶、コンテナまであります。

 

本記事では産業廃棄物収集運搬車両や容器の種類について、網羅的に解説していきます。

産業廃棄物処理に携わっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

産業廃棄物収集運搬車両の種類

 

産業廃棄物収集運搬車両には特徴があり、廃棄物の種類によって使用する車両が異なります。

例えば悪臭の発生を抑える車両や廃棄物がつぶれて飛びださないようにする車両です。

そこで、産業廃棄物の種類によって運搬に適している車両について解説します。

 

ダンプ車

 

固形物の運搬に適しており、全般的に何でも運べるのがダンプ車です。

トラックという大きな区分のなかにダンプ車は含まれます。

 

産業廃棄物を運搬するダンプ車は、建物の解体現場でよく出るコンクリート片・がれき・廃プラスチックなどの運搬が代表的で紙くずや動物のふん尿まで運べます。

ダンプ車は産業廃棄物以外に土砂の運搬にも使用しますが、産業廃棄物とは異なるので積載量に注意が必要です。

 

クレーン車

 

クレーン車は持ち上げる荷物の重さで操縦者が所持しなければいけない資格が変わります。

例えばクレーンで持ち上げる荷物の重さが0.5t未満なら、講習を受けるだけで問題有りません。

しかし、小型移動式クレーン車(1〜5t)を操縦する場合には、運転技能講習の修了が必要です。

また5t以上のクレーンを使用する場合は、運転技能講習のほかに移動式クレーン運転士の資格も必要です。

 

産業廃棄物収集運搬作業車として、クレーン車は鉄骨をワイヤーで持ち上げて運搬車両へ乗せる作業で用います。

 

アームロール車

 

アームロール車は荷台を脱着できるという特徴を持ちます。

産業廃棄物収集運搬車は荷台に応じて液体・固体といった形で運搬するものの種類を選択できます。

この特徴から、産業廃棄物収集運搬車の車種では非常に人気があります。

 

パッカ―車

 

一般的に、家庭ごみの収集でもよく見かけるのがパッカー車です。

産業廃棄物収集運搬車としての役割は、圧縮が必要な廃プラスチックの収集で活用します。

 

また、汚水タンク付きのパッカー車もあり、水分を含む廃棄物の処理でも使用できます。

 

コンテナ車

 

荷台の部分にコンテナを乗せているのがコンテナ車です。

腐食しない産業廃棄物なら、コンテナに入れたままで一時的に保管できるのが特徴です。

 

例えば金属くずやがれき、ガラスくずや繊維くずなど、腐食しなければ種類やくずの大きさに関係なく収集できます。

 

タンクローリー車

 

産業廃棄物の1つである廃油の収集といえばドラム缶です。

ドラム缶で収集できない場合に使用するのが、タンクローリー車です。

 

廃油以外にも、汚泥や廃アルカリなど大量の液体の運搬に使用します。

 

バキューム車

 

汚泥のような液体の産業廃棄物を収集する運搬車はバキューム車です。

気圧の力で液体を吸い上げます。

 

例えば流動体や粘性半流動体、沈殿物などをホースから直接タンクに吸い込むのが特徴です。

 

チップ車

 

別名「深ダンプ」といわれ、その名の通りウッドチップの産業廃棄物を運搬するのに適した車両です。

車両の特徴は、おがくずや木片を運搬するため屋根部分に飛散を防ぐネットが備え付けられている車両や、開閉式の屋根を搭載している車両があります。

 

産業廃棄物収集運搬容器の種類

 

産業廃棄物収集運搬容器は、内容物が飛散したり悪臭が漏れたりするようなものは使用できません。それは、収集運搬業の許可要件に含まれているためです。

産業廃棄物の中には、体内に入ると有害な物質もあるため運搬や保管には厳しいルールがあります。そのルールを守るために、産業廃棄物収集運搬容器を使います。

 

ドラム缶

 

誰もがよく知る産業廃棄物収集運搬容器のドラム缶は、オープンドラム缶とクローズドラム缶の2種類が主に使用されます。

 

オープンドラム缶を使用するのは、固形物や粉末状の産業廃棄物です。

そのため、産廃の飛散防止のために天板がフタの役割をします。

 

クローズドラム缶を使用するのは、廃油などの液状の産業廃棄物で、耐腐食加工しているものは廃酸、廃アルカリに使用します。

フタがなく充填口から廃棄物を入れるので、中の液体が漏れない仕組みになっています。

 

プラスチックドラム

 

廃アルカリや廃酸などの産業廃棄物収集運搬容器に使用するのがプラスチックドラムです。

液体や粉末のどちらでも使用でき、耐薬品性があります。

 

プラスチック製なので、重量も軽くサビが発生しにくいのも特徴です。

 

フレキシブルコンテナ

 

フレキシブルコンテナは化学繊維でできています。

そのため、肥料や土砂、肥料を作る工程で発生した廃棄物を詰めます。

 

フレキシブルコンテナを産業廃棄物収集運搬車に乗せる方法は、フォークリフトもしくは手作業です。

フレキシブルコンテナは、持ち手がついたバッグ型で丸や四角形があります。

 

コンテナ車両を利用したコンテナ

 

コンテナ車両を利用したコンテナとは「脱着装置付きコンテナ車」のことです。

コンテナの中に産業廃棄物を集め、集め終わったらコンテナ車両に乗せて廃棄物処理場へ運びます。

 

コンテナの中が産業廃棄物でいっぱいになればコンテナ車で運ぶという作業の流れです。

そのため、腐食しない産業廃棄物を現場で一時保管する役割もあります。

 

石油缶

 

その名の通り、石油を産業廃棄物として運搬する場合に利用します。

一斗缶の内側に、石油缶用内容器をつけ石油缶ベロを使用して石油を容器に移します。

また、石油缶ベロを使用せず一斗缶の上部に大きなフタがついているものもあります。

 

石油缶の使用でよく知られているものに、クリーニング溶剤があります。

 

感染性廃棄物容器

 

廃棄するときに、直接容器に入れる必要があるのが感染性廃棄物容器です。

ほかの産業廃棄物と同じように、飛散や漏れがあると産業廃棄物に関わる人たちを危険にさらすだけでなく、飛散した場合には、そのそばにいる人すべてを巻き込む可能性があります。

 

使用される場面の代表的なものとしては、病院で使用するアルコール綿を捨てるときです。そのため「直接容器に入れる」必要があります。

 

産業廃棄物の処理にはさまざまな規定がある

 

産業廃棄物の運搬にも規定があります。

それは産業廃棄物収集運搬車や産業廃棄物収集運搬容器の種類でわかるように、中に入れるもので変えなければなりません。

 

運搬する人が危険にさらされてはいけないのはもちろんのこと、周囲に悪影響が出ないようにすることも大切です。
産業廃棄物に見合った容器と運搬方法で、安全で確実な産業廃棄物の運搬を徹底しましょう。

 

医療廃棄物は環境だけでなく人体にも影響を及ぼす可能性があるため、
正しい方法での処理が必要です。

こちらの記事では、医療廃棄物の処理方法や、処理業者の選び方などについて解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】医療廃棄物の複雑な分類もまる分かり!信頼できる業者の選び方

 

当サイトを運営する株式会社JEMSでは廃棄物処理・リサイクル業者向けの基幹システム「将軍シリーズ」を中心に、多彩な連携サービスで総合的なソリューションをご提供しています。
業界シェアトップクラスの実績と安心のサポート体制で業界専門の課題解決アドバイザーとして、貴社の悩みに向き合います。
産廃ソフトをお探しの方はぜひご相談ください。

関連記事

トラックスケールとは?利用場所や仕組み・構造

医療廃棄物の処理方法とは?信頼できる業者の選び方

【産業廃棄物収集運搬業】許可の有無や申請方法・業務上の義務

産業廃棄物の木くずとは?種類や処理方法を解説

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

0120-857-493受付時間 平日9:00~18:00

ページトップへ戻る