導入事例 CASE STUDY

脱属人化とシステム連携による情報共有で
工数を3分の1に削減!

今回は、北海道で、医療廃棄物(感染性廃棄物含む)・廃プラスチック類などの収集・運搬・処分を中心に事業を展開されている、株式会社リプロワーク様にお話を伺いました。
株式会社リプロワーク様は、北海道の豊かな自然を守るために環境保全に力を入れておられるほか、施設見学を実施し、教育活動にも取り組まれている企業です。
これまで、『マニフェスト将軍』(※1)➡『環境将軍』(※2)➡『環境将軍R』(※3)と歴代の将軍シリーズをご利用いただいていますが、それによってどのような変化があったのでしょうか。

※1『マニフェスト将軍』:将軍シリーズにおいてマニフェスト管理に特化したモデル
※2『環境将軍』:環境将軍Rの前身となるモデル
※3『環境将軍R』:『環境将軍』よりも外部ツールとの連携が強化されたモデル

課題

販売管理業務がシステム化されておらず、属人化していた

 

効果

販売管理業務がシステム化されたことで使いやすくなり、複数の従業員で業務を共有できるようになった

課題

販売管理業務がシステム化されておらず、属人化していた

 

効果

販売管理業務がシステム化されたことで使いやすくなり、複数の従業員で業務を共有できるようになった

行政報告に必要なデータをExcelで管理しており、情報が一元化されていなかった

 

情報が一元化され、管理が楽になった

行政報告に必要なデータをExcelで管理しており、情報が一元化されていなかった

 

情報が一元化され、管理が楽になった

同じデータをマニフェストや伝票などに複数回にわたって手打ちする必要があった

 

販売管理のデータが自動で共有されるので、1度の入力作業で済むようになった

同じデータをマニフェストや伝票などに複数回にわたって手打ちする必要があった

 

販売管理のデータが自動で共有されるので、1度の入力作業で済むようになった

<目次>

インタビュー企業様のご紹介

  • 会社名

    株式会社リプロワーク様

  • 事業内容

    医療廃棄物と一般廃棄物の収集・運搬・処分・リサイクルなど

  • 地域

    北海道

  • 従業員数

    約45名

インタビューを受けてくださった方

近藤 直美 様

・管理部 部長           

土田 康武 様

・管理部管理課長 / 環境保全責任者

導入商品

環境将軍R

脱属人化や工数の削減を実現!

導入前の課題

なぜシステム導入の話が上がったのですか?

環境展に赴いた際に、『マニフェスト将軍』の話を聞いて興味を持ったのがきっかけです。
行政報告の数量をExcelで管理していたのですが、『マニフェスト将軍』であれば情報を一元管理できると知り、非常に便利だと感じたので導入に至りました。

導入当時はどのような課題を感じていましたか?

マニフェスト管理業務がシステム化されていなかったのが課題でした。
『マニフェスト将軍』の導入前は、担当者一人がExcelに手打ちでデータを入力していたんです。
万が一、実績報告の数字が誤っていても気づきにくい環境だったので、社内で共有できるようにシステム化したほうがよいと考えていました。

『環境将軍』との出会い

『マニフェスト将軍』から『環境将軍』にシステムを移行した理由は何ですか?

もともと使用していた販売管理システムのデータがパンクし、業務が滞ってしまったのがきっかけです。
『環境将軍』であれば、マニフェスト管理にくわえて販売管理の機能もカバーできると知って、入れ替えを決めました。
また、一般的な販売管理システムと違って廃棄物業界に特化したシステムであることから、法改正による業務内容の変化に対応できることも決め手になりました。

『環境将軍』への移行の際に、他社のシステムは検討されましたか?

はい、ほかに2社のシステムを検討しました。
価格は他社のシステムのほうが安かったのですが、マニフェストの管理や行政報告書の作成に対応できるのは『環境将軍』だけでした。
また『マニフェスト将軍』をすでに複数名で使っており、操作にも慣れていたので、操作性を大きく変えないためにも同じJEMSのシステムのほうがよいだろうという話になりました。

JEMSの担当者の印象を教えてください

さわやかで好印象な方でした!
説明の仕方も丁寧なうえ、連絡も密にとってくださり、『マニフェスト将軍』の導入から『環境将軍』への入れ替え時まで非常に長い間お世話になりました。

『環境将軍』への移行時のエピソード

移行時に大変だったことは何ですか?

スムーズに移行できたので、特に苦労したことはありません。
しかし、移行後にカスタマイズの改善点が見えてきて、再度擦り合わせが必要になりました。
もちろん試用期間はありましたが、日常業務に追われていたこともあり、操作方法の習得に終始してしまいました。
試用期間中に、より多くの機能に触れることができていれば、移行後のすり合わせをもう少し減らせたのではないかと感じますね。

導入時のJEMSのサポートはいかがでしたか?

当社の場合は、『マニフェスト将軍』の頃からお付き合いのある営業担当者さんにサポートしてもらったので、変わらず安定したサポートを受けられました。
わからないことがあって電話した際も、すぐに返答があって助かりました。

『環境将軍』から『環境将軍R』へのシステム入れ替え時のエピソード

弊社の『環境将軍』は、2019年に、外部ツールとの連携をより強化した『環境将軍R』へとリニューアルしました。
『環境将軍』のサポート終了にともない、株式会社リプロワーク様にも『環境将軍R』へ移行していただいています。
ここからは、『環境将軍R』への移行時と移行後のお話を伺います。

『環境将軍』から『環境将軍R』への入れ替え時に大変だったことは何ですか?

『環境将軍』に登録していた顧客情報を、『環境将軍R』に移し替えるのが大変でした。
日常業務の合間に作業を進めなければいけなかったので、時間に追われることもありました。

移行時のJEMSのサポートはいかがでしたか?

『環境将軍R』への入れ替えの時期に、新しい担当者さんに変わりましたが、その方も好印象でした。
提案やフォローが完璧で「こうしたい」という要望を一つ伝えると、複数の解決方法を提案してくれました。
カスタマイズの懸念点も正直に教えてくれて、誠実な方だと感じています。

導入後の効果

『環境将軍R』の使用によって社内にプラスの効果は出ていますか?

はい、『環境将軍』時代から同じく、業務の効率化を実感しています。
以前、JEMS以外の販売管理システムを使用していたときは、同じ情報を、売り上げの計算時・マニフェストの管理時・伝票の作成時の計3回も入力していました。
それが『環境将軍』を導入してからは、ドライバーがハンディターミナルに1回入力すれば各フォーマットに情報が共有されるようになったので、工数が3分の1に減りました。
※ハンディターミナル:その場でレシートを印刷できるリプロワーク社独自の機械
その後『環境将軍R』に移行してからも、『環境将軍』の頃とできる限り仕様が変わらないようにカスタマイズをしたので、不都合なく使い続けられています。
リニューアルでさらにいえば、システムの拡張性が高くなり、新しいツールやシステム連携の幅も広がったので、今後業務に変化が生じる機会があっても、安心です。

現在どのように『環境将軍R』をお使いですか?

受注から配車、請求書の作成まで、廃棄物に関する一連の業務を『環境将軍R』で行っています。
また、管理部としては様々なデータをCSVで自由に出力できるようになった点も非常に助かっていますね。
ただし、ハンディターミナルでレシートを印刷するという昔からのフローを残すために、一部他社のシステムも利用しています。
『環境将軍R』は、このように他社のシステムを使いたい場合も、カスタマイズで連携させられる点が便利ですね。
ちなみに、これは余談ですが、新入社員にはJEMSが行っているセミナーに参加するよう指示しています。
産廃業界についての勉強になりますし、教育的な面でも利用させていただいています。

今後ほかの連携システムやツールの導入もお考えでしょうか?

現在、Web回収予約システムと電子請求システムを導入する話を進めています。
費用感やシステムのクオリティ面でJEMSのことを信頼しているので、何か新しく導入したいツールやシステムを思いついた際は担当者さんにすぐに相談するようにしています。
また、マニフェストの電子化も計画中です。
まずは、自社で運搬から処分までを担当しているマニフェストから優先的に電子化する予定です。
次に自社運搬で他社処分のマニフェスト、最後に他社運搬で他社処分のマニフェストと、段階的に電子化を進めていきます。

これからの展望

御社の今後の展望を教えてください!

当社は2021年に、エネルギーや医療に関する事業を展開する企業とグループ化されました。
そのため、産業廃棄物の収集・運搬といった、これまでのメイン業務にとどまらないビジネスチャンスを獲得していきたいと考えています。
新たな事業に取り組む時間を確保するためにも、マニフェストの電子化による日常業務の効率化にさらに取り組んでいきたいです。

JEMSのシステム導入を検討している企業様へ

JEMSのシステム導入を検討している企業に向けて一言おねがいします!

JEMSは、どの担当者さんも丁寧に対応してくれるうえ、システムも必要な場合はカスタマイズできるので、既存システムからの入れ替えを検討している企業にもおすすめです。
導入前に、システムの仕様についてしっかりと打ち合わせし、試用期間にもできる限りシステムを使っておくと、改善点を見つけやすいですよ。
改善点を発見した場合は、JEMSに伝えればしっかりと対応してくれるので、ぜひ相談してみてください。

『環境将軍R』の資料請求はこちら

御社名

都道府県

業種名

※複数選択可

御担当者様名

御担当部署名

ご連絡先電話番号

個人情報の取扱い

必ず「個人情報の取扱いについて」をご確認ください。
当社が取得いたしました個人情報は、メールマガジン配信の目的で利用します。

ご不明な点はお気軽にご相談ください

0120-857-493
受付時間 平日9:00~18:00

お電話でお問い合わせの際は
「ホームページを見て」とお伝えいただくとスムーズです。

その他導入事例

株式会社兼子

株式会社大島産業

株式会社タイヨー

クリーンシステム株式会社

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

0120-857-493受付時間 平日9:00~18:00

ページトップへ戻る