環境・公共インフラ事業を
ICTでサポート!

パブリックICT事業とは?

トレーサビリティシステムを活用した災害廃棄物や間伐材の輸送管理や、

ブロックチェーン技術を応用した再生可能エネルギーの地産地消の取り組み支援など、

主に環境・公共インフラ事業をICTで支援する取り組みを行っています。

環境・公共インフラ事業

公共的なインフラ

災害廃棄物・間伐材バイオマス・再生可能エネルギー ・復興まちづくりなど

ICT

ICT

トレーサビリティシステム・AI・IoT・Blockchain・RPA・M2M など

パブリックICT事業部の強み

新技術への積極的な取り組みによる、環境・公共インフラ事業向けの
ITソリューション及びオペレーションサービスの実績が多くあります。
この多様な導入実績を元に、お客様の新しい事業への取り組みを新技術で支援したり、
現状の課題・問題点の改善提案を行う事が可能です。

環境・公共インフラ事業向けITソリューションの多様な実績

多様な導入実績と発展事例をもとに、ニーズの先に応えるサービスを提案します。

福島県内の中間貯蔵事業におけるフレコンバッグの全数と輸送車両の管理

間伐材(木質バイオマス燃料)の輸送管理

「自動配車システム」との連携による輸送車両の配車の最適化

ブロックチェーン技術を活用した再生可能エネルギー地産地消システムの開発

新技術への取り組み

様々な新技術の導入・活用に積極的にチャレンジすることで、コスト削減や課題解決を叶えるITソリューションを提案します。

AI(人工知能)

IoT(モノのインターネット)

RPA(ロボットによる業務自動化)

Blockchain

M2M(通信モジュール) など

圧倒的な短納期

次世代のコミュニケーションツールを駆使し、フロントチームと開発チームのシームレス化を実現することで、きめ細かいフォローと、より短期間での運用立ち上げを可能としています。

現場のニーズへの対応力

技術側とフロント側の連携により、不具合が少ない、且つ、期待の一歩先を行くサービスを提供します。
また、システム導入だけに留まらず、導入後の現場オペレーション支援も行っており、現場で発生する課題・トラブルにもスピーディに対応が可能です。

お問い合わせ

03-5289-3420
03-5289-3420

具体的なご依頼はもちろん、「こんな課題がある」というご相談や、「まずは資料がほしい」といったご連絡でも構いません。
もちうるノウハウやナレッジを最大限に応用し、ニーズの先に応える提案をさせて頂きますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

サービスご利用開始までの流れ

課題・問題点の確認

課題・問題点の確認

まず課題や問題点を伺い、IT化による課題解決策を提案させて頂きます。

見積提示・契約手続き

見積提示・契約手続き

見積提示をさせて頂き、承諾後、契約手続きをさせて頂きます。

システム開発・調達

システム開発・調達

システム(アプリ)の開発、機器等の調達をさせて頂きます。

納品・運用

納品・運用

システムや機器等を納品させて頂き、必要に応じて講習会も承ります。

PAGE TOP