0120-857-493
オンライン商談

導入事例 CASE STUDY

A社 様

既存システムとの機能差を最小限にするカスタマイズで、システム移行の負担を低減。 大幅なコスト削減と業務効率化を実現。

  • 事業内容

    一般廃棄物処理業、産業廃棄物収集・運搬業、浄化槽保守点検・清掃 他

  • 地域

    鹿児島県

  • 従業員数

    90名

  • 導入商品

    環境将軍Rモバイル将軍

企業紹介

鹿児島県で市の委託業務をはじめとした一般廃棄物の収集・運搬と、資源物の中間処理を行っている。 地域に密着したサービスで市内の美化に貢献している。

導入前のお悩み

以前は、システム会社へ開発を委託し、自社で独自に構築したシステムを利用していた。 業務に支障はないものの、品目やルートの変更・追加の度にシステム改修の扱いとなり都度費用が発生。 運用コストが削減できない状態だった。 さらに、市への実績の報告期限が短く、変更・追加が月末に重なると システムの反映を待たなければ業務が進められなかった。 報告書雛形への反映も必要なため、システムへの反映が遅れると後の業務が圧迫されるという悪循環に陥っていた。

サービスを導入したきっかけ

旧システムのリース期間満了に伴い、システムの入れ替えの検討を開始。 展示会で目にすることのあったJEMSを含む、計2社へ問い合わせた。 システム移行の一番の目的は、運用コストの削減。 2社とも目的を達成できる提案だったが、最終的にJEMSを選定した。 選定の理由は、カスタマイズで必要機能を揃えても納期の希望に対応していたことと 営業担当者の熱心なヒアリングを経て、安心して任せられると思えたことの2つだった。

導入効果

旧システムでは都度費用がかかっていた品目やルートの変更・追加を、自分たちでできるようになったことでコスト削減の効果が得られた。 また、待ち時間なく業務を進めることが可能になり業務の効率化にもつながった。 さらに、報告書の作成業務において 従来はシステムから出力後、市が指定する雛形に落とし込む作業があったが 環境将軍Rから報告書をそのまま出力できるようにカスタマイズ。 これによって、大幅な工数削減につながった。 カスタマイズの追加費用はかかったものの、十分な費用対効果が得られたと経営層からも喜びの声が上がっている。 また、モバイル端末は、現場の操作にも耐えられる丈夫さと画面の大きさで現場でも不自由なく活用できている。

ポイント

旧システムからの移行にあたり、営業とSEが環境将軍Rとの機能差や要望を丁寧にヒアリング。 カスタマイズによって、スムーズにシステムを移行できただけでなく 今まで手間がかかっていた業務も自動化することができた。