Mission 目的、JEMSの存在意義
ITで環境問題に挑む
JEMSのミッション、それは循環型社会・持続可能な社会の構築に寄与することです。

これまで様々な公害問題や廃棄物の不適正処理などの問題を経て、日本では資源循環の管理が法により厳しく義務付けられてきました。

JEMSは、企業活動や私たちの生活に欠かせない資源循環の仕組みをITの力で分かりやすく管理すること、ひいては静脈物流全体の最適化を推進していきます。

静脈物流とは?

消費を起点に始まる物流のこと。
具体的には、商品の回収や廃棄物の処理、リサイクルに関わる物流を指す

数字で見るJEMS
グローバル展開
2014年にはベトナムホーチミンに開発拠点となる現地法人を設立。
日本―ベトナム間の架け橋役として、希望登用制にてベトナムの現地法
人で働くことができます。(ブリッジSE職)
また、今後は海外へのサービス展開を目指し、アジア地域を中心に積極的
に事業を推進して参ります。
JEMS概要
3つの事業を通じて、川上(排出物の発生)から川下(廃棄物の処理)に至るまでのプロセスをトータルにカバー。
廃棄物業界から環境業界全体に視野を広げ、環境情報企業としてグローバルな視点から
低炭素化社会や資源循環の最適化に向けたITソリューション、情報管理サービスを提供します。
事業内容

環境マネジメントサービス事業

環境ITソリューション事業

モバイル&キャリア事業

データセンター事業

公共的インフラICTソリューション事業

設 立 1994年4月
資本金 150,300千円
従業員数 231名
業 績 売上高 21.0憶円(2018年9月実績)
代表者 須永 裕毅
国内拠点
本 社 茨城県つくば市東新井31-13
東京事業所 東京都千代田区神田須田町1-16-5 ヒューリック神田ビル6F
名古屋営業所 愛知県名古屋市中村区名駅3-22-8 大東海ビル503
京都事業所 京都府京都市下京区五条通烏丸西入醍醐町290 烏丸五条ビル6F
東北インテグレーションセンター 岩手県盛岡市盛岡駅前通16-21 盛岡駅前通ビル5F
福岡営業所 福岡県福岡市博多区博多駅前4-3-3 博多八百治ビル4F
福島事業所 福島県双葉郡富岡町上郡山字清水128-2
海外拠点
ホーチミン(ベトナム) Edison HCM Co., Ltd