0120-857-493
オンライン商談

導入事例 CASE STUDY

高俊興業株式会社 様

デジタコ導入で走行中事故の削減、燃費改善。 車輌の動態管理、指示書出力システムも、車輌・ドライバー管理の手助けに。

  • 事業内容

    産業廃棄物収集運搬・処理業、一般廃棄物収集運搬・処理業、特別管理産業廃棄物 収集運搬業、廃棄物再生事業、一般貨物自動車運送事業、一般土木工事業 他

  • 地域

    東京都

  • 従業員数

    430名

  • 導入商品

    環境将軍Rその他オプション

企業紹介

中間処理施設「エコ・プラント」では、多種大量の産業廃棄物を、最先端技術を駆使した高精度選別再資源化システムにより選別し、無害化・減容化を図り、再資源化率の向上が可能。埋立処分量の削減を目標に、常に時代の流れを読み、コンプライアンスにのっとった営業を続けてきた同社。関東でも屈指の処理能力、収集運搬車輌を持つ建設系廃棄物処理の大手企業。

導入前のお悩み

事業規模が大きくなり、車輌事故率半減や経費削減のためデジタコの導入を検討。

導入効果

同社ではデジタコ導入後、まず成績上位者を半年間掲示。これにより、ドライバー同士が互いに刺激し合い、人数の一番多い成績中間層が底上げされ、全体的なレベルアップができたそうだ。 デジタコ導入後、走行中の事故は10分の1まで減り、燃費も10%改善されたそうだ。事故への補償や燃料価格の高騰を考えると、経費の大幅削減ができたという。「システムの導入費用は2年で元が取れました。もっと早く入れれば良かった」と導入の成果に満足いただいている。 さらに同社では、弊社のカスタマイズにより、車輌の位置情報を事務所でリアルタイムに確認できる動態管理の仕組みや、免許証を差込むことで指示書が出力されるシステムも導入され、車輌やドライバーの管理に大変役立っているそうだ。

ポイント

走行中事故を90%削減、燃費も10%改善され、システム導入費用は2年で回収。 車輌位置をリアルタイムで確認できる動態管理システム、免許証読取による指示書出力システムも、車輌・ドライバー管理に役立っている。

今後の展望

「今後は搬入物の管理が今より求められ、収集・処理会社の管理体制がますます重要視されるはず」と語る鈴木常務。時代をとらえ徹底的なリサイクルを手がける同社は、さらに先を見据えている。