Circular Navi
製品の環境価値を伝えます

企業活動における循環型サプライチェーンのトレーサビリティーや再資源化率の可視化など、サーキュラーエコノミーの実現に向けた取り組みを製品ごとに環境価値として証明するクラウドサービスです。

サプライチェーンの情報開示・透明性を
プロダクトパスポート
として証明

再生素材の由来や再資源化量などの環境に関わる情報をサプライチェーン参加企業間で共有し、生活者を含むあらゆるステークホルダーに対して公開することが可能です。

トレーサビリティーの担保
によるリスク管理

ブロックチェーン技術を活用することで、データの公平性と高い改ざん耐性を維持します。

循環型社会

EXPECTED EFFECT期待される効果

サーキュラー
エコノミーへの
移行を実現

資源循環そのものを製品や事業の価値に変換し、価格競争から脱却

国内市場の拡大
国際競争への対応

欧州で法制化が進む「デジタルプロダクトパスポート(DPP:Digital Product Passport)」や国内市場動向への対応

企業価値の向上
ESG投資への対応

製品や事業単位の取り組みが将来的に企業価値の証明へ

CASE活用事例

漁網由来の再生ポリエステル樹脂製
配膳用トレーの価値証明

2022年7月よりチムニーが運営する「豊洲市場さかな酒場 魚星 中野北口店」の定食メニュー提供時のトレーに活用されています。
トレーに貼り付けられた2次元コードを読み取ることで、トレーの由来となる漁網が使用されていた漁港や再生材含有率を確認することが可能です。

繊維製品における由来証明

2022年9月より、繊維製品対応のトレーサビリティー・システムCircular Naviのサービス提供を開始しました。
アライアンスによって、繊維製品の透明性・新しい価値観を生活者へ提供する取り組みを支援しています。

廃棄物や資源を使った新規事業をお考えの方へ

現状のトレーサビリティーに関する
課題を解決します

企業間
コミュニケーション

再生素材の由来情報には機密情報も含まれるため、都度メールや電話での照会が必要。

リスクマネジメント

製品が生活者の手元に渡った後に「製品不良」が発覚した場合に、問題がどこにあったか速やかに原因を辿れない。

環境に関わる
情報管理

再生素材の由来や製品への使用率、製造工程におけるCO2排出量など、環境負荷の低い製品であることを証明する情報を集約する仕組みがない。

Circular Naviなら

製品の環境価値を可視化し、
循環型社会の形成を支援

製品の由来証明を行うことで、顧客や消費者に対して
商品そのものの品質だけではなく
由来そのものを新しい価値として提供します。

信頼性の高い
トレーサビリティーを実現

サプライチェーン全体を管理できるプラットフォームで、サプライチェーンの各工程をつなぎます。

トレーサビリティ管理に
必要な機能が満載

再生素材の由来となる
廃棄物の遵法性を証明

サプライチェーン間で
必要なデータを安全に共有

情報開示で
サプライチェーンの
透明性を保つ

製品のリサイクル
工程における
温室効果ガス排出量も管理

既存システムとの
データ連携による
各社の運用負荷を軽減

すべての企業・業界で利用可能
資源循環の価値証明サービス

FEATURES特長

廃棄物業界で約30年間培った
ノウハウを反映

廃棄物の発生以降の処理やリサイクルも循環型サプライチェーンには欠かせない工程です。
廃棄物の排出企業と処理企業向けの事業をそれぞれ展開し、廃棄物管理に関わるITソリューションを提供してきたノウハウとリソースを活かして、複雑な由来の再生素材であっても効率的で透明性の高い仕組みをご提案します。

※2022年4月時点の累計

実際の運用を想定した
運用負荷の低い
システム設計

製品情報や入出荷の情報を、WEB-APIなどを利用し既存のシステムとデータ連携することで、各工程に携わる企業の運用負荷を軽減することが可能です。
データの二重管理や転記の手間を省き、効率的な情報管理を実現します。

システム導入だけでなく
事業化を支援

事業化の障壁となる、システム導入前のスキーム構築や静脈とのマッチングなど、資源循環に関わる事業の立ち上げを総合的にサポートします。
1社だけでなく、複数の企業と共同でプロジェクト化することで実現性を高め、循環型社会に向けた取り組みを支援します。

社会課題
プラスチック 土石・建材 自動車 バッテリー PVパネル 
食品廃棄 紙おむつ 衣料-繊維

ITで環境問題に挑むJEMS

創業より廃棄物業界において、多くの企業に
ご愛顧をいただく中で培ったノウハウや技術力を生かし、
企業の環境目標達成をご支援します。

動脈産業(排出物の発生)から
静脈産業(排出物のリサイクル又は処理)に至るまでの
プロセスをITとアウトソーシングでトータルにカバーし、
企業や自治体の業務効率化や、廃棄物管理における
コンプライアンス・ガバナンスの
支援、災害復興支援を行っています。

FAQよくあるご質問

  • 料金プランを教えてください
    システム基本利用料としてのサブスクリプションサービスのほかに、Circular Naviを活用した資源循環スキーム構築支援や、業界・企業の商流に合わせてカスタマイズが可能なプランをご用意しております。お客様のご要望に合わせてプラン策定を行うことも可能ですのでまずはお気軽にご相談ください。
  • システムを運用する上でサポートは受けられますか?
    導入前に実際の運用をシミュレーションさせていただくほか、運用開始後には現場へのオペレーション支援などもご用意しております。
  • システムだけの導入はできますか?
    システムだけの利用も可能です。なお、お客様の事業化フェーズに合わせて、柔軟に再資源化実現までの工程・計画策定やスキーム構築など、フィジカル面でのご支援もできますので、まずはお気軽にご相談ください。

すべての企業・業界で利用可能
資源循環の価値証明サービス

閉じる
お問い合わせ項目 *
会社名 *
部署
お名前 *
フリガナ *
メールアドレス *
電話番号 * - -
備考