お電話

メニュー

サービス案内

各種ICTソリューション

新技術への積極的な取り組みによる、ITソリューション及びオペレーションサービスなどのICT導入実績が多くあります。この多様な導入実績を活かし、お客様の課題・問題解決のお手伝いをします。具体的なご依頼はもちろん、「こんな課題がある」というご相談でも、もちうるノウハウやナレッジを最大限に応用し、お客様のニーズの先に応えるご提案をいたします。

ソリューションの特長

新技術への積極的な取り組みによる、ITソリューション及びオペレーションサービスなどのICT導入実績が多くあります。この多様な導入実績を活かし、お客様の課題・問題解決のお手伝いをします。具体的なご依頼はもちろん、「こんな課題がある」というご相談でも、もちうるノウハウやナレッジを最大限に応用し、お客様のニーズの先に応えるご提案をいたします。

このような課題をお持ちではありませんか?

  • モノのデータをオンライン化(IoT)

    できず困っている

  • AIを導入したい

    何からすればよいのかわからない

  • 働き方改革の実現に向け、

    会社(事業)で何ができるかわからない

  • 設備機器を自動で制御できるようにして

    人員を削減したい

  • 製品のトレーサビリティ(流通履歴)を

    確立したい

  • 新人教育(職人の技術継承)を

    マニュアル化したい

  • 業務や設備の見える化をしたい

  • 物流の見える化や効率化をしたい

活用事例

制御系と情報系の融合

制御系技術を情報系と結びつけることで、より効率的な工程管理、状態管理を可能とします。

 

例1

PC・スマートフォン等による

機械アラートの確認

制御系システムを活用した機械とPC・スマートフォン等を連携させることで、機械アラートをPC・スマートフォン等にて確認することが可能です。

機械アラート

例2

工作過程の情報化

工作(製造)過程を情報化(見える化)することで、

最適化を行うスピードを飛躍的に早くさせることができます。

工作過程の情報化

GISとGPS情報の活用

地理情報を見える化する GIS に GPS 技術を活用することで、様々な業務で業務効率化によるコスト削減、最適な意思決定、コミュニケーションの向上などを可能とします。

 

  • 移動記録の見える化(トレースの記録・管理・証明など)
  • ナビゲーション
  • 捕捉・見守り・安否確認(子どもや高齢者の見守り、探しものや人の捜索など)
  • リアルタイムな配車管理(タクシーや輸送車両など)
  • 走行支援(速度計算によるドライバー支援など)
  • 測量(現況図・横断図・出来形書類の作成など)
  • 土木・建設工事支援(土木工事の確認、進捗記録、資材管理など)
  • 農業支援(無人農薬散布ヘリの作業の進捗確認など)

個体トレース技術の活用

例1

QRコード/1次元バーコードによる個体管理

個体にQRコード/1次元バーコードのシール等を添付し、ハンディーターミナルで読み取り個体情報を登録します。登録した情報はトレーサビリティシステムに送信され、各個体の情報を一元管理することができます。このデータはWEBブラウザで閲覧・編集することができます。

QRコード/1次元バーコードによる個体管理

例2

ビーコンによるトレース管理

ビーコン(beacon)は、位置情報を知らせる発信機で、GPSとは異なり狭い範囲(半径数十メートル)に信号を発信するため、精度が高く、数センチメートルから数十センチメートルという範囲で位置を測定することが可能です。人・モノの位置情報・移動情報をリアルタイムで記録、可視化し、業務改善や安全管理に活用することができます。

 

  • 人員ごと/エリアごとの作業時間集計 → 勤怠/工数管理
  • 人員の動線情報収集 → 人員・設備配置の最適化
  • 危険区域に人が立ち入ったらアラート通知 → 安全管理など様々な場面で活用が可能

施設のエリアごとにビーコンを設置

拡張現実機能(AR)の活用

リアル(オフライン)と ICT(オンライン)を利用することで、検査業務や人材育成業務等を効率化することが可能です。

 

例1

工事現場の検査報告の効率化

建物の壁面で劣化などがある箇所に、スマートフォン・タブレット端末等のAR機能を利用し、拡張現実の世界にピン(デジタル付箋)を立てます。ピンの位置情報は、自動的に図面にも描画され、問題点の詳細な内容や作業内容をメモなどを書き込んだりすることができるので、検査報告書を正確、且つ短時間で作成することができます。

ピンの位置情報は、自動的に図面にも描画

例2

作業指示の効率化

新人員が作業(機器の操作方法等)する際、スマートフォン・タブレット端末等のAR機能を利用し、ヘッドマウントディスプレイに機器の操作ガイドを映し出すことができるので、作業手順書を見ながら行う場合に比べ、ミスを削減することができます。また、作業者が見ている映像をリアルタイムで責任者が確認し、それに対して指示することも可能なので、経験の浅いスタッフでもミスなく作業することができます。

ヘッドマウントディスプレイに機器の操作ガイドを映し出す

お問い合わせはこちら

Contact & Download

具体的なご依頼はもちろん、「こんな課題がある」「何をどうして良いか分からない」といった
ご連絡でも構いません。新規分野でも私たちのノウハウやナレッジからニーズの先のご提案をいたします。
⽇本全国ご対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

関連コラム

  • ICT
  • IoT
  • IT
  • メーカー・製造業
  • 林業
  • ⼟⽊・建設

IoTに欠かせない「LPWA」とは?

  • 循環型社会
  • ICT
  • SDGs
  • 木質バイオマス発電
  • 資源・環境
  • 林業

グリーン電力とは?

  • 経営管理
  • AI
  • ICT
  • IoT
  • IT
  • 働き方改革
  • メーカー・製造業
  • ⼟⽊・建設

HR techとは?

  • 再生可能エネルギー
  • 循環型社会
  • 4R
  • ICT
  • IoT
  • IT
  • SDGs
  • スマートコントラクト
  • トレーサビリティシステム
  • 木質バイオマス発電
  • メーカー・製造業
  • 資源・環境
  • 林業
  • ⼟⽊・建設

循環型社会とは?

PAGETOP

お問い合わせはこちら

Contact & Download

具体的なご依頼はもちろん、「こんな課題がある」「何をどうして良いか分からない」といった
ご連絡でも構いません。新規分野でも私たちのノウハウやナレッジからニーズの先のご提案をいたします。
⽇本全国ご対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。