お電話

メニュー

取組事例

CASE

サプライチェーンにおける
CO2算定SaaS「S-Z Carbon」

脱炭素これから進める企業様へ

サービス概要

サプライチェーンにおけるCO2算定SaaS「S-Z Carbon」

  • 経営管理
  • DX
  • 業務効率化
  • RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
  • 脱炭素
  • 見える化

データ連携によりお客様の作業負荷なし

CO2算定におけるグローバル基準であるGHGプロトコルに基づき、カテゴリ分類も多くデータ整理の手間であったスコープ3について、ERP、基幹システム、電気や燃料の請求情報、従業員様のタイムカード、出張精算ソフト、販売管理システム等、業種や事業内容に合わせ他社システムとのありとあらゆるデータ連携を図ることで、入力作業のお手間をかけることなく、簡単に算定、データ出力することが可能です。
データ連携のため入力ミスによるやり直しもなく、担当者様は当システムにアクセスするだけで、速報値を閲覧することができます。

 

紙媒体からのデータ化も可能

データ化されていない情報の場合にも、請求書等の紙媒体を写真やFAXにてお送りいただくだけで、(株)JEMSがデータ化。お客様の作業を限りなくゼロにします。

対象となる企業様

製造業、流通業、小売業といったモノを提供することを事業とされている企業様はもちろん、情報通信、教育、人材派遣、旅行、医療福祉といったコトを提供することを事業とされている企業様にも幅広くお使いいただけます。

企業様での活用

CO2排出量は社内だけでなく、サプライチェーンとして関わる企業間の関心事となっております。自動算定された数値は、統合報告書等での対外的な発信や、お取引先からの要望としてCO2排出量のご提示が求められた際にも、企業として素早く対応することがでます。
また、現状の把握から課題を抽出し、脱炭素に向けた具体的な行動計画を立てることができるとともに、弊社による脱炭素に向けたソリューションのご相談も可能です。

今後の展開

(株)JEMSはこれまで廃棄物コンプライアンス管理を中心とした業務改善提案を600社、90,000事業場にて実施してきました。その実績をもとに、今後は社会の共通の指標であるCO2排出量について新たな価値としてご提案し、導入企業様を拡大していく予定です。

関連コラム

  • カーボンニュートラル
  • 脱炭素

CFP(カーボンフットプリント)とは?

  • 経営管理
  • SDGs

ESG投資とは?

  • 水素社会
  • 脱炭素

日本がリードする脱炭素にむけた水素社会実現のための取り組みとは?

  • 経営管理
  • カーボンニュートラル

TCFDとは?

PAGETOP

お問い合わせ

Contact & Download