オンラインセミナー開催(7月27日)のお知らせ「流通・小売業における廃棄物管理のよくある現実と対策」

このたび、「流通・小売業における廃棄物管理のよくある現実と対策」をテーマに
無料のオンラインセミナーを開催いたします。

 

近年、食品ロスや廃プラスチックが社会問題として注目され、
流通・小売業界においても廃棄物削減やリサイクルへの取組みが強く求められています。
その実現には全拠点(店舗)の廃棄物を把握することが不可欠ですが、
廃棄物管理そのものに課題が多く、頭を抱えているご担当者様からご相談を
いただく機会が増えております。

 

そこで今回、流通・小売業の廃棄物管理業務に携わる方に向けて、
元千葉県庁で産廃Gメンとして活躍されていた株式会社TOWALO代表 石渡 正佳氏を講師に招き、
業界特有の様々な課題と対処へのヒントをお伝えいたします。

 

ぜひ、自社の廃棄物管理を見直す機会としてご活用ください。

 

==============================
【テーマ】流通・小売業における廃棄物管理のよくある現実と対策

 

【開催日時】7月27日(火)11:00~12:00 (定員:100名)

 

【概要】
 流通・小売業における廃棄物管理の難しさは、2016年の「廃棄食品転売事件」で
 誰もが知るところとなりました。
 そこで、改めて事件が起こった原因や背景の振り返りから始め、
 産業廃棄物のみならず一般廃棄物、リサイクルを含めた廃棄物の区分の難しさや、
 廃棄物処理法とリサイクル法(食品リサイクル法、容器包装リサイクル法)に対する
 課題について整理します。
 そして、どのように課題に対処すればよいかを解説します。

 

◇本セミナーでわかること
 ・廃棄物処理法とリサイクル法のアウトライン
 ・産業廃棄物と一般廃棄物の区分
 ・偽装リサイクルを見抜くには
 ・食品ロスと食品廃棄物の削減
 ・様々な課題にどのように対処すべきか

 

【会場】オンライン(Zoomウェビナー)での実施 ※来場不要

 

【費用】無料

 

▽お申し込みはこちら▽

 

【講師プロフィール】
 石渡 正佳 氏
 株式会社TOWALO代表取締役。元千葉産廃Gメン。
 千葉県庁時代には1996年から産業廃棄物行政を担当、
 産廃Gメン「グリーンキャップ」の創設に関与し、
 2001年には全国最悪といわれた銚子地域の不法投棄を短期間で制圧し、
 その手法が全国自治体の模範となった。
 2005年には優良産廃業者の公開情報分析手法「iメソッド」を開発し、
 企業への普及を図っている。
 主な著書:『産廃コネクション』(WAVE出版、2002年日経BizTech図書賞受賞)、
 『不法投棄はこうしてなくす 実践対策マニュアル』(岩波ブックレット)、
 『食品廃棄の裏側』(日経BP社)など
 その他:NHK「クローズアップ現代」スタジオゲスト2回ほか、メディア出演多数。

 

==============================

 

◇本セミナーに関するお問い合わせ先◇

 

株式会社JEMS 環境マネジメント事業部 <セミナー事務局>
E-mail: jems-kanri@j-ems.jp

 

※同業他社様からのお申込みはお断りさせていただきます。
 また、本セミナーは法人向けのため、個人のお客様につきましては、
 お断りのご連絡をさせていただく可能性がございます。

 

 

JEMS環境マネジメント事業について

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-5289-3421受付時間 平日9:30~18:00

ページトップへ戻る